スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が善で誰が悪か?

クナト族もスサノヲ族にやられたかもしれないが、
スサノヲ族もヒムカ=アマテラス族にやられてる。
本当にクナトはスサノヲにやられたのだろうか?
スサ族とクナト族がやんわり連合した後で、
むしろ ヒムカヤマトに激しくやられた
ということは考えられないだろうか?

ヤマトを受け入れた時の感覚からすると、
スサノヲ族は戦闘民族というよりは「経済治世」を得意としていた
のではないかと思うのは身びいきというものだろうか?

1610048_627718667309960_7568535815255904965_n.jpg

クナトの時代、山や谷の隅々まで治世が行き届いていたのだろうか?
大まかなところは抑えていたとしても、「殺せ奪え犯せ」の
不穏分子の団体やグループはいくつもあったのではないか?
戦国時代のように。

日本初の和歌といわれる「八雲神歌」をヘブライ語に当てはめると、
「女を犯してはいけない。ちゃんとルールを作ろう」という意味になると
言う話を聞いた。

素尊族が大和族に呑まれたのも同じように山の谷々に巣食う
蛮族や山賊がまだまだ存在し、一度日本を統一して
共有意識の確立をする必要が歴史上、大神様の目から見てもあったのだ
という意見もある。なるほど、と思う。

武術に興味のない人には意味がないかもしれないが、
「やられた」ということは「武」の世界では恥辱であって、
それを宣言し続けるのは執着と怨念しか生み出さないので
適度なところで許すことも必要かと思う。
拳王様は膝を地に着くことすら「恥辱!」とノタマワレマシタ。

10137517390ラオウ

天地の法則からして、殺ったからやられる。という因果律があると言われる。
それでも やられるときには大神様の慈愛により、
やったことの十分の一くらいになって戻ってくるという。

だから、嫌なことがあった時には(この程度で済んで)有難うございます
と感謝できるのが大人(タイジン)だと、各地の源宗教では伝えている。
祈ること、善言美詩の神言を唱えることで、
さらに罪汚れの借財は減ってゆき、大難は小難に、
小難は無難に祭り変えて頂けるという。

キリスト様が超無実の罪で当時のメーソンズに磔刑になったことさえも
因がある と神話には表現されている。

img_554911_18080767_0-dd916-ae6c0.jpg

本当に前世も、前々世も太古の昔から純粋無垢であれば、
「殺される因縁は発生しない」という考えを基本に生きていくのが、
学ぶほどに頭を低くできる神様にまつろう民の最良の方法だと思う。

某国のようにいつまでも いいアンプ 発言したり、
ないとも言われる虐殺を公布宣伝して、交渉のカードに、
もしくは現金にしようとするのはあまり美しいとは言えないと思う。

極論かもしれないけど、武道も宗教の極意も
「カルマの深い私の罪を減らすために、殺ってくれて あなた様ありがとう。」
と言えるのが究極だという話です。

とはいえ、殺った側からそんなこと言われたら なお腹が立つこともあると思うので、
過ちがあったとしたら申し訳ないとしか言えませんが。

現世において私は誰も殺してませんので。
今後も「殺すことは決してするまい」と強く思ってるので、
過去世では殺してる気がする。(T▽T) m(_ _)m

tyoku1.jpg

【蛇足】
穢れた鬼畜米英を討つためにイスラム国に参加表明したら
処罰されるって初めて知りました。Σ(゚д゚lll)

【三神族】 クナト・スサノヲ・アマテラス

スサノヲびいきの私としては出雲の歴史が気になるのでちょろっと調べてみた。
クナト神族が渡来後、スサノヲ神族が広義・大出雲地方を平定。
この戦いが八俣大蛇退治の現界顕現版か。
スサノヲ没後、同族の大国主の時代に天照神族が出雲平定。
・・・三神族の吸収合併の歴史。

はるかシュメールやエジプトユダヤ時代から絡まり続けた因縁のもつれを
薙ぎ払うのも草薙の剣。色々あったけど、もとはひとつの神様から別れた兄弟神族。
みんな仲良く 和合の時代を迎えられるよう、
各地で、みんなで、神まつりができたら よかと ですね。

でもクナトの前にもカタカムナ神族とか、いろいろあるんじゃないの?
縄文~弥生革命期にカタカムナ族も日向・天照族に
飲み込まれていったようだから同時代の別の地域なんだろうか?
―――――――――――――――――――――――――――――
「クナトの大神」は、「日本書紀」では「岐神」として登場し、
「古事記」では「衝立船戸神」と呼ばれている。

現在は、出雲大社の東方にある「出雲井神社」に、
「久那戸(くなと)大神」として祀られている。

「出雲神族」の末裔で、一子相伝の「口伝」により古代の歴史を伝えてきた
「富(とみ)氏」の伝承がある。(参考文献・・・「謎の出雲帝国」 ほか)

その伝承によると、その「出雲神族」は、
東北方面から出雲に移住してきたということである。

なかでも注目すべき口伝に、
『我々の大祖先は、「クナト(岐神)」の大首長だが、
もうひとつの隠された女首長に「アラハバキ(荒吐神)」があり、
体制側に よってこれらが抹殺されようとしたとき、
「クナト」は「地蔵」に、「アラハバキ」は「弁才天」へと変身した。』とあるそうだ。

135212029454913211203_2012_1104P71000060道祖神

この東北の神として聞こえた「アラハバキ」は「遮光器土偶」がその神を象ったものとされ、
その土偶が女性の特徴を強調していることからも女神と認識されている。
ちなみに、アイヌの話によると、アイヌの古語で「クナト」は「男根」、
「アラハバキ」は「女陰」の意味で、本来は一対のものだったということである。
http://plaza.rakuten.co.jp/opektal/diary/200807070000/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出雲の本当の神クナトの正体              
出雲の神は大国主神とされる以前はクナト神と呼ばれていた。
イザナギの杖に与えられた名である。
来名戸神の名は何処かから来た名であることを示しているし、
船戸=船渡であり、船で渡って来た神であることを示唆している。

『古事記』のイザナギ・イザナミの二神による神々の生成で、大事忍男神を産んだ後に、
石巣彦と石巣姫を産んでいるが、「石巣」はエジプトの「イシス」女神のことである。
大事忍男神の「忍(オシ)」がイシス女神の夫のオシリスの「オシ」を示している。

ク ナト神の名は、エジプトのアテン神信仰を始めた
イクナートン王の名の中央「クナート」である。
イクナートン王はアクエンアテンとも称され、
モーセによってヤーウェ神がユダヤ民族の唯一の神になる以前に
エジプトで唯一神アテンになった。それを決定した王がイクナートンである。

ユダヤ民族によるヤーウェ信仰はこのアテン神信仰がモデルとなった。
アテン神信仰はイクナートン王 と王族だけが名を呼ぶことが許され、
庶民はアテン神の代わりに、イクナートン王を崇拝させられた。
ようするに、アテン神=イクナートン王ということになる。イクナートン王が死んだ後、
猛烈なアテン信者狩りが行われ、アテン神信仰者(イクナートン崇拝者)は
ナイル河のデルタ地帯に落ち延びて、ユダヤ民族と合流して、
モーセのヤーウェ神信仰の礎となった。

イクナートン王の祖母も母も妃もエジプト人ではなくフルリ人の国である
ミタン ニ王国から嫁いで来た王女や神官の娘であった。
フルリ人は元々アララト山の山麓のウラルトゥ地方に住んでいた民族で、
ノアからアブラハムの父のテラに至るまでの九代にわたって、
フルリ人の娘を娶っていたのであるから、
ユダヤ人はフルリ人と同一民族と言っても過言ではない。

イクナートン王の一族もエジプト人というよりもフルリ人であり、
ユダヤ民族と祖をひとつにしていたのである。
アブラハムが妻のことを妹サラと呼び、イザナギが妹イザナミと呼んだのも、
フルリ人の習慣が妻のことを妹と呼ぶことに起因している。

出雲の神宝は石上神宮に祀られたが、石上神宮の神はフルの御魂とも言われる。
このフルがフルリ人のことを指しているのであるから、
クナト神=イクナートン 王=フルリ人=フルの御魂の等式が成り立つ。

さらにイザナギが投げつけた杖は、モーセの兄のアロンの杖を暗示してさえいる。
http://www.geocities.jp/roro2734/izumokunato.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、境外のそのまた東方にあるはずの聖域へと急ぐ。
前夜のホテルで調べはついていた。
「真名井の清水」の先にあるのは境外摂社の「出雲井社」。

a0300530_10594636出雲井神社

徒歩15分。その社は宇伽山の麓、朝日射す竹薮の西に佇んでいた。
祭神は岐神。クナトの神。背後に回ると巨大な磐座がある。

クナトの神とは、『日本書紀』では、黄泉津平坂(よもつひらさか)
で、イザナミから逃げ去るイザナギが、投げた杖から出た神。
また『古事記』では、イザナギの禊の場面に登場する。
こちらも杖から衝立船戸神(つきたつふなとのかみ)として化生した。
つまり記紀神話においては、イザナギ・イザナミ大神の長男であられる。

『謎の出雲帝国』
副題は『天孫一族に抹殺された出雲神族の怒り』。

この本に綴られた富家の伝承をまとめると……。
・富家はこの出雲井社で、代々の口承を語り継いだ。
・クナトの神は出雲王朝の始祖、真の大国主である。
・クナトの大神は五十七代にわたって存在した。
・出雲神族は、紀元前2500年頃(後期縄文時代)シュメールから渡来した。
・出雲神族は、天孫族と長い闘争の末、帝位を奪われ滅亡した。

・“国譲り”物語とは2千年前、天孫族の使者・武甕槌命(たけみかずちのみこと)が
 稲佐の浜で矛を突き立て「否、然(いなさ)」と迫った事件。
 大国主は降伏し抗議の自殺をした。
・勾玉を王者の証とした出雲神族は、古墳を造らなかった。
・龍蛇神族は、龍神をトーテムとする龍蛇族である。

・スサノオ率いるスサ族(牛族)は、紀元前2000年にメソポタミア~朝鮮経由で渡来。
・ヤマタノ大蛇退治は、牛族対龍蛇族の宗教(トーテム)戦争だった。
・元来、出雲神族の紋章は「亀甲に並び矛」。花菱(菊花)は牛族の紋章。
・出雲族は毎年10月、各地の首長(カミ)が出雲に集まり、
その年の収穫物の分配について話し合った。

吉田氏の別著『謎の弁才天女』によれば、
富さんが亡くなる数日前に遺した言葉があるという。曰く、
「我々の大祖先はクナトの大首長(おおかみ)、そして女首長はアラハバキ。
体制側によって祖先が抹殺されようとしたとき、
クナトは地蔵に、アラハバキは弁才天に変身した」

web_090502-124639同祖

稲佐浜の弁天島に弁才天=アラハバキを祀ったのは、
滅亡を余儀なくされた出雲族の末裔か。
http://mintun.exblog.jp/18992883
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほと が アラハバキなら 淡路島の 古代ユダヤの御宝 「ほと石」 も
アラハバキと関係あるんだろうか?



【愛するとは?】

恋愛して結婚して家庭を作って幸せな人生を送る。
誰もが願う普通のコース。

軽い結婚も増えたせいか、離婚も多い昨今。
「愛する」とはどういうことなのか考えてみる。

素敵な異性がいれば 軽い「好き」が高じて 「めっちゃ好き」「愛してます」に
移行するんだろうが、「愛する」と「好き」とは だいぶ重さが違う気がする。

c3d82510jw1e7hurwgchxj21hc0xcwnvあい

よく、子供には愛。異性感の恋愛は実はほとんど「恋」であって
エゴの延長に近いといわれる。「愛」と表現すると 相手が何を要求しようが、
「言いなりになることしかできない」くらいの状態なのかもしれない。

愛する子供の頼みはかなり無茶でも多くの親が断りがたい。
人生で最初に好きになった人、しかも片思いなんかだったりすると、
もう奴隷状態に近いほど、無条件で降伏(幸福?)してしまう。

無条件幸福。いいね、このワード。歳をとり、気力体力の低下するほどに
「無条件幸福」ができなくなり、精神的にズ太くなり、
「条件付き要求」に変化してくるヒトの悲しさ。

結婚するのに相手の年収を考えたり、将来性を考えたりするのは
現代人としては当たり前なのかもしれないけど、
もう不純な計算がたくさん介入してる。

20140205131022あい

愛ではなくなっている。打算と欲望。伴侶が欲しいために 異性を口説く人もいる。
これも本当は違う気がする。順序が逆。

神様が助けてくれて うまくいく場合も稀にあるかもしれないが、
そもそも伴侶が欲しいから 「好き」と表現してるのだから、
その後付き合っていて 気に入らないことが増えてきたら、
「じゃぁ別れようか」というのも早い。

自動車感覚。必要だから手に入れる。経済力のある人はどんどん買い換えるし、
もっと力があれば一度に何台も所有する。

自分に余裕がないと、お付き合い後、相手を激烈に束縛するようになる。
相手を信用してないというより、自分に自信がないというか。
相手を拘束して、自分の囲った範囲に居ないと不安になる。
もともと懐が狭いものだから、嫉妬心も強く、逆切れも早い。

ストーカーよろしく、あまり重たいのも考え物だけど、
本当に「愛」に近い「好き」の感情を持つと相手が結婚しようが、
ずーっとその相手の行く末は気になるし、幸せになって欲しいと願ったりする。
放蕩の愛娘を感動しても父親はずーっとその行く末を気にかける。

x741-600x461あい

女性が男性に経済力を求める限り、グローバリストは いなくならない。
誠実な貧しい人よりも、何も考えず、東電に務める高給取りの方がモテル時代だ。
証券会社、保険屋、銀行、医者、政治屋。モテる職業はほとんど悪魔率の高い職業だ。
清貧朴訥な人は身だしなみにも気を遣わない人も多いから、
そのせいも多分にあるっちゃあるが。(T▽T)

「あなたと結婚できなければ一生一人で生きていきます」とか、
現代ではお笑いグサかもしれない。でも人生の伴侶とは
本来そのぐらいの「重さ」をもつのではないだろうか?
乏しくも重い、私の恋愛体験から、どうしてもそう感じるのだが、どうだろう。

お安い食べ物と お安い恋愛の花盛りの現代には 
もう少し重たい「純愛」が増えてもバランス的に整う気がするのは、気のせいだろうか。

0074gあい

不治の病と食べ物

どういう意図か知らないけれど、「一リットルの涙」が再放送されている。
ほぼ実話をそのままドラマにしたものだが、原作を読んでるだけに、
主役が後の「お騒がせ沢尻エリカ」だとしても、
話の節々で泣けて泣けてしょうがない。

20051220233820沢尻

25年の一生も普通の人の一生も「いつか終わる有限の時間」
ということは同じ。しんどい粗食の食養生もこのドラマを観てると
頑張らなきゃな という気持ちになる。

aya.jpg

ドラマの原作者の女性は15才で発病して25才で亡くなったそうだが、
同じ病気に同年代でかかり、医者に見放された後、
粗食と青汁食で元気に生き延びた人もいる。
おそらく小脳脊髄変成症 唯一の生存者、治癒した人だ。

image森

今の日本では訳の分からん恐ろしい病がたくさんあるが、
訳の分からん「金儲け毒入り食品群」と対応している相似の関係だと思う。

b0088444_22513527本


image本

食の質と、食べ方を見直さないと、この国の未来は無いよな やっぱ。

【ひかりモノ・メタリック・憧れの玉虫発見 Σ(゚д゚) !!!】

金の亡者が松枯れ農薬の空中散布なんかするから
カミキリムシと一緒に数が激減してると思われる玉虫。

玉虫大好きだけど、小学校の頃出会って以来
40年くらい見てなかったんだけど、大山に来て25年、
数年前に網戸にタマムシが休憩したのを部屋の
内側から見つけて取ろうと思ったらすぐに飛んで行かれた。

10615965_697594143655745_6575776939006100410_n.jpg
そんな記憶も忘れかけた、数日前にタマムシの残骸を見つけて、
猫の牙跡があるから食われたんだと悲しみつつも、
羽だけでも出会えたことに感謝していた。
羽はラミネートしようか、セメダイン漬けにしようか
悩んでいた。


10698679_697594666989026_6212893488175524734_n.jpg
肉じきの・・ ケダモノども・・め・・・・。


すると今日猫の縄張りに生きてる奴が
落ちているのを発見!
10665248_697595583655601_3712624980989947175_n.jpg


すぐ捕獲。たまらんこのメタリック感。
10645304_697595970322229_6590700862200341593_n.jpg

赤オレンジ緑ピカピカ。
10703546_697595773655582_3521701965364482618_n.jpg

かわいすぎるやろ。
10423918_697594950322331_4847425339378633414_n.jpg


写真何枚撮っても飽きない。
10645304_697595970322229_6590700862200341593_n.jpg


木につけてみる。カッコイイ・・・。
10295795_697595420322284_4832365772869406094_n.jpg


フラッシュをたくと反射するんです。
メタリックですから♪
10641281_697595280322298_4628803648025465140_n.jpg

神様祭りの直前に現れるとは何たる喜び!
しかも神様の御宝に代表される宝玉!の虫。
最高よね・・・。この後、お祭り現場に放しに行こう。
福の宝玉虫による縁開き、神玉の敷衍~。
10610746_697595066988986_1245983647403039028_n.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。