スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖】

2012年06月13日(転載)

 私の知り合いが、福島県から三重県にやっと避難しました。それほど仲の良い人ではなかったけれど、放射能は怖いと感じた出来事があったそうです。彼女の住んでいた福島県の○○市の、勤務先である病院で、7人の妊婦のうち、5人の胎児が流産、ダウン症、奇形児だったそうです。
[7人の内訳]
・ダウン症       2人
・指が6本の子供  1人
・無脳症        1人
・流産          1人
他2名は当時の段階でまだ4ヶ月とかなので経過観察中。

 同じ病院内でこんな確率はあり得ない、と恐怖を感じたそうです。専門家たちの経験と知識で、やはり放射能の影響としか考えられないとの結論だったようです。

 やっと旦那さんも理解してくれて、家族で避難したとのこと。
  私の周りでも、食べ物を気にしていない妊婦3人が流産しました。今年だけで3人も聞いています。6ヶ月や7ヶ月で。食べ物による放射能被曝くらいしか、原因が考えられません。

まぁ、チェルノブイリは事故直後石棺で覆った訳ですが、福島は未だに放射能垂れ流し状態。当たり前の話かと思いますが。
次は2ヶ月前、福島の子供の死亡率が高くなっているという記事です。
報告書によると、11年の病死者数は10年に比べて1.5倍に増えている。
このような現象が起こることはとても稀なことで全国でも僅かしかありません。宮城県や岩手県では起こっていないことです。
                      shupure_11837_0-enlargehukodomo.jpg
              
福島の子どもたちの体に異変が起こっている。
             
原発事故を受けて福島県が行っている子どもの甲状腺の検査で、平均年齢が10歳の福島県の子どもの3人に1人(35%)に嚢胞(のうほう=しこり)が発見された。
「嚢胞」とは分泌液のたまった袋で、甲状腺の内側に、炎症あるいは細胞の性質の変化が起きていると考えられる。
福島調査の「嚢胞」保有率は過去のどの調査よりも高率であったという。

「福島県では1年足らずで甲状腺の検査で3割以上の子どもたちに健康被害の兆候が出ました。チェルノブイリで同じような兆候が出たのは4~5年後ですから、福島ではよほど高濃度の被曝をしていると言わざるを得ません。

県の医師らは安心して大丈夫だと主張。しかし、福島はチェルノブイリより7倍の人口密度があるから、98万人以上が亡くなったチェルノブイリより深刻になる恐れがあります。一刻の猶予もならないのです」

日本甲状腺学会の理事長である山下俊一氏が、全国の甲状腺専門医に、検査を受けた福島県の子どもたちのうち5mm以下の結節や20mm以下ののう胞が見っかった親子たちが、セカンドオピニオン(複数の医師の見解を総合して病状改善に努めること)を求めに来ても応じないように、文書を出していることは、被ばく者と患者に対する人権蹂躙だ。

山下氏がセンター長を務める福島県放射線医学県民健康管理センターは「これから子供が甲状腺癌を発症しても被曝とは無関係」ときっぱりと言いきっている。

この山下俊一という医師。調べると、731部隊、放影研、原爆傷害調査委員会(ABCC)などいろいろ「腹黒感」が出てきます。詳細は、他のブログを。
                     o0220035011219544272山下俊一

このような人物を福島医療のトップに持ってくる。
もう、福島では子供達を見殺しにすると決めたのでしょう。

【福島原発】福島で動けなくなった鳥が続出!!放射能の影響が?

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。