スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい 社会の 建設。

今朝のFMラジオで原発反対はわかるけど、立地された場所の状況もいろいろ考えないとだめだよねー。という話をしていた。

原発立地になる場所は多くは過疎地であり、田舎であり、産業がないところである。こと福島を含む東北地方は、冬の出稼ぎで半年以上、一家の大黒柱が家を空ける生活を「一生」してたところである。
「お父さんもお祖父さんもそうやって仕送りしながら働き続けて死んでいった。」
「たまたま原発だっただけで、出稼ぎにいかず、地元で雇用が生まれるならなんでもよかったんだ。」と地元の人は話す。

都市部一極集中の産業社会構造を改めて、各地方それぞれで独立して発展できるようなシステムを作るのは急務である。誰もが貧しいのは嫌である。地元の高校を卒業したら、就職・仕事は都会にいかないと無いという状況は正さねばなるまい。

異常搾取する人間(裏米ヤダヨ人とその御用聞き政治屋、厄人、拝金宗etc・・・)のいない、思いやりと愛と自然(神)に生かされる感謝の社会を作らなければいけないと思う。
      9b4e8acdクラゲ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。