スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【「大古墳・公園」&世界一の「地震津波資料館」】

鹿島JVに「1923億円」支払えるなら・・
震災ガレキは、全て集めて山積み保管し、津波記念公園として整備を!

大阪では、焼却処理の代替案として「森の防潮堤」を勧める運動が大きくなっていますが、この「森の防潮堤」の案に疑問を持つ人も少なからずいます。しかし、この東北大学教授で医師の岡山博先生の【「大古墳・公園」&世界一の「地震津波資料館」建設】の提案は、「森の防潮堤」の欠点もすべてカバーする素晴らしい内容だと私は思いました。

放射能汚染ガレキは、ゴミではなく、本来そこにあったはずのものです。被災地の方たちにとっては、思い出と悲しみの「大切な遺品」でもあります。

津波瓦礫を遺品として扱い、すべて集めて仙台平野の海岸に山積みし
【大古墳】のように整備しよう!
私たちの運動は 「広域処理を止めること」 で終わりではない。

「石巻地区だけ」でも、がれき処分の為だけで、鹿島JVに「1923億円」支払う。
石巻以外の処理費用はそれよりもずっと多い。
「全て集めて処分・公園に整備」を行なえば、1923億円より安く、宮城県全てと、岩手、三陸海岸の全ての津波がれきを処理できる。
費用の一部で、世界一の地震津波資料館をも作ることができる。

「放射性物質を含むものは燃やしたらいけない」
どうぞ皆さん、署名に協力をお願いします。
http://www.plz-sign.com/sig.php?id=0000096

岡山博ブログ ⇒ 3月25日 ・ 6月7日 ・ 3月6日
―――――――――――――――――――――――――――――――
もし東北大震災が人工地震テロだったら、
それが「バレたときに証拠・象徴となるモノが見えないように」と考えたら、燃やして灰にして散らばらして量を減らして、見た目のイメージを何もなかった様にしたいのかもしれない・・・。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。