スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレキ。

米子の議員さんからのメールです(要約部、筆者校正)。とても大事なことだと思いますので、よろしければ拡散願いまーす。・・・どーしてテレビは嘘ばかりつくの?拝金万能主義なのね・・.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、米子市長が突如 「震災がれき受け入れを考えたい」 と表明しました。
委員会でいろいろ問いただしましたが、「これから勉強する」「国や県と調整
して」など、ムードに乗った表明であることが明らかでした。
こんなことで放射能を拡散してもらってはたまりません。

がれき問題をどう考えればいいのか、冷静な議論は必要ですが、
【復興のためには がれきの広域処理が不可欠】との【すり込み・キャンペーン】
が激しくなっています。
ムードに流されて批判することが白い目で見られるような今の風潮は危険だと思います。
下記情報を参考にしていただければ幸いです。

「 基本的に出た所で処分すべき」田中康夫
「現行の処理場のキャパシティーを考えれば、全ての瓦礫が片付くまでに3年は掛かる。そこで陸前高田市内に【ガレキ処理専門のプラント】を作れば、自分達の判断で今の何倍ものスピードで処理が出来る。国と県に相談したら、門前払いで断られました」(陸前高田市長)

「現場からは納得出来ない事が多々有る。山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。元々、使ってない土地が一杯あり、処理されなくても困らないのに税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこに有るのか?」(岩泉町長)

東京都に搬入の瓦礫処理の元請け企業は、東電が96%の株式を保有する東京臨海リサイクルパワー。この後に及んで産廃利権・・・!http://www.nippon-dream.com/?p=7297

↓3月13日に出された徳島県の方針が、強く共感を呼んでます
現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災ガレキも発生していることから,その処理について国は「【8000ベクレル/kg】までは全国において埋立処分できる」宣言。

放射性物質については、拡散させないことが大原則であり、東日本大震災前は、セシウム濃度が 100ベクレル/kg を超える場合は、特別な管理下に置かれ、【低レベル放射性廃棄物処分場】に封じ込めてきました。

ところが国は、大震災後、福島県内限定の基準として出された8,000ベクレル(従来の基準の80倍!)を、その十分な説明も根拠もないまま、広域処理の基準にも転用しました。
(したがって現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の外では8000ベクレルまで、東京都をはじめとする各地域で埋立処分されています。)

この【8000ベクレル】という水準は国際的には【低レベル放射性廃棄物】として、
【厳格に管理されている】数値です。

例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけで、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。

徳島県としては、県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、一度、地下水を含む生活環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、十分な検討もなく受け入れることは難しいと考えております。
http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652

「がれきを動かすこと自体危険だ。放射能汚染が無い地域にあえて持ち込むことはない。汚染しない野菜を栽培する場所が必要だ」チェルノブイリ原発事故で内部被ばくの研究をしたゴメリ医科大学(ベラルーシ共和国)初代学長、ユーリ・バンダジェフスキー氏談http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20120312rky00m040005000c.html

↓ ガレキ処理は、横浜国大名誉教授の宮脇昭氏の提案によるこの方法がベストかと。
ガレキの上に土盛って、木を植えて自然的堤防にする。コンクリ堤防の100倍は長持ち。http://ameblo.jp/aries-misa/entry-11184171823.html 

東京をはじめ首都圏の焼却炉の【一般焼却灰】でさえ高濃度の放射性物質が検出されているのに、さらに高濃度の廃棄物を焼却すれば汚染は深刻になるのは自明の理。・・池田こみちさん(環境総合研究所) http://www.eforum.jp/ikeda20110311/ikeda-debriswideareatreatmetissue.pdf

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。