スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田VS内藤戦に思う

亀田と内藤の戦いを見て思った。あれだけでかい口をたたいた割にはちまいせこい戦いをしてたな、亀田は。それだけ内藤の殴りに行く気魄がすごかったのかもしれないけど。
倒されてもいいから倒しにいく、アグレッシブなファイティングスピリッツを、内藤からは感じた。見ていて気持ちよかった。すがすがしい。男児たるものかくあれって感じだったな。

その内藤の猛攻を、亀のようにガードを固め、カウンターや隙ばかり狙う亀田の戦いは武術、護身的には大変よろしいが、興行、芸能、エンターテイメント、客を集めて集金するのであれば、全くいただけないファイトスタイルだったな。ギャラリーのいない喧嘩でやれやって感じ・・・。
ちょっと前にキックや総合のガイ・メッツァーという「難攻不落の鉄壁の防御」を誇る選手がいたけど、やっぱり見ていてつまんなかった。やられもしないし、無理して勝ちにも行かない、みたいな。決して弱いわけじゃないんだけど、強いんだけどね。でもメッツァーは途中からそのスタイルをやめて、「プロだからお客さんを楽しませる戦いがしたい」と言って、やられるリスクを厭わず積極的に殴りにいくスタイルに変えて、KO負けもしていた。実に素晴らしいプロ根性だと思った。

世界タイトル戦のボクサーのパンチとなれば、油断してると一発もらっただけでKOされる。素人がもらえば死んでしまうくらいの威力だろう。でもあえて、プロで、職業で金を取って、それで生きていこうとするのなら、まして年少者で、挑戦者であるなら自分から先に先に手を出せや、と思った。ああいう試合してチャンピオンになって10回防衛しても、観衆はちっとも面白くないと思う。ボクシング人気が下がると思うね。

「挑戦者らしくガンガン行って、3ラウンドでKOする。」

とかビッグマウス吹いたんだから、もっと積極的に行けや、と思った。で、私が亀田と戦えるのかって言われたら走って逃げて、一年くらい布団の中でガタガタ震えてると思うんだけど。

おまけにラウンド終わるごとに俺が優勢だぜって、アピールの意味をこめてガッツポーズしてた。マス大山がいやらしいからやめろと言ってたガッツポーズ。日本人の美徳からは出てこないガッツポーズ。「勝って兜の緒を締めよ」負けた人の気持ちも汲んで、派手な勝ち誇り方を控える心意気・・・。外人の裁判文化は主張するようだけど。俺が正しい。俺が勝った。って。特に審判採点する試合では審判に対してのアピールも兼ねて。でもそれを世界のゴッドハンド、空手のマス大山は「いやらしい」と言ったんだ。

亀田はアグレッシブと積極性が売りで人気が出たのに、あれじゃそのうちそっぽ向かれるな。すごく強いのに、もったいないな。安パイな戦法、自己保守第一主義、役人ボクサーてところか・・・。

鼻折られても向かっていく内藤にエールを送りたい。あなたの動きであの試合はとても面白かった。元いじめられっ子といじめっ子の世界タイトルをかけた戦いだったけど、人として尊敬したいのは内藤選手です。武術、護身術的には鼻折られちゃ駄目なんだけど、見ている聴衆に感動を与える気迫がごっつ感じられた。

亀田はまっすぐないいところはあると思うんだけどちょっとずるいものももってるよね。アングラの無術家になたっらいいのにね。

誰か亀田に礼節と心の美しさを教えてあげれる人がいるといいんだけど・・。武蔵の沢庵和尚みたいな・・・。なまじ強いからなー、亀田は・・・。次の試合に期待します。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。