スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不治の病と食べ物

どういう意図か知らないけれど、「一リットルの涙」が再放送されている。
ほぼ実話をそのままドラマにしたものだが、原作を読んでるだけに、
主役が後の「お騒がせ沢尻エリカ」だとしても、
話の節々で泣けて泣けてしょうがない。

20051220233820沢尻

25年の一生も普通の人の一生も「いつか終わる有限の時間」
ということは同じ。しんどい粗食の食養生もこのドラマを観てると
頑張らなきゃな という気持ちになる。

aya.jpg

ドラマの原作者の女性は15才で発病して25才で亡くなったそうだが、
同じ病気に同年代でかかり、医者に見放された後、
粗食と青汁食で元気に生き延びた人もいる。
おそらく小脳脊髄変成症 唯一の生存者、治癒した人だ。

image森

今の日本では訳の分からん恐ろしい病がたくさんあるが、
訳の分からん「金儲け毒入り食品群」と対応している相似の関係だと思う。

b0088444_22513527本


image本

食の質と、食べ方を見直さないと、この国の未来は無いよな やっぱ。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。