スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人は金持ちになると人格が悪くなって特権差別意識が目覚める】

ボードゲーム、「モノポリー」での実験。
(MONOPOLY:不動産売買ゲーム。仲間とつるんで不動産売買し、
敵を破産に追い込み喜ぶ めそん&経産省推薦マネーゲーム)

indexぴふ

TED 支配欲と金持ちと特権意識

人間は金持ちへの階層が一段づつ上がるごとに、
貧しい人への配慮や、慈悲や同情の気持ちが減り、
特権意識や我欲・利益の観念が強くなる。

アンケートによると裕福な人ほど貪欲であることを「良いもの」であると捉え
私利私欲の追求には倫理的に賛成という結果が出た。

高級車の運転手の方が交通ルールを破る傾向が強い。
横断歩道を渡ろうとする人がいる時、高級車ほど無視をして止まらない。
実験画像では赤いトラックが止まって歩行者を優先していた。
プリウスとBMWが無視して走るシーンが映されていた。
(日本とドイツだな。高給アメ車が無いのがちょいと気になるが・・。)

裕福な人ほどウソや騙してでも利益を上げようとする傾向が見える。
アメリカンドリームは「誰もが一生懸命努力したら成功し繁栄できる」という願いと思想。
時にそれは自分の利益を他人の利益より優先するという発想を強く推し進める。

ではどうしたらいいのか?  「ほわっと うぃー どぅ・・・・。(^^)」

実験では、ほんのちょっとした倫理的介入や価値観の変化。
ある方向へのすこしの刺激によって平等感覚や共有のレベルを修正できることがわかる。
コミュニティの利点を教えるとそれも変化を誘う、と。

金持ちに46秒間の子供の貧困に関する映像を見てもらう。
世の中には困ってる人がいるのだと思い出させるのが狙い。
映像を見たあとに自分の時間と金を困ってる人に使おうとする金持ちが
そうでない人と同じくらいに増える。

差位というものは絶対的な先天的なものでなく、
価値観や目の向く環境によって左右されるということ。
サタニストのように、憑霊や生まれてすぐからの洗脳にもよるしな。

アメリカの財産家が格差是正のために、私財を出し始めたという話は
結構なのだが、始めから摂りすぎない、儲けすぎない、
というのもさらに大事なことだと思う。特権階級を作り出さないシステム。

最後に「アメリカンドリームの復活につながる」と閉めてるところはちょっと理解し難いが、
もしくはこの話自体もプロパガンだの可能性もあるが、
とりあえず「金や権力やハンドルを握ると人格が変わる」というのは
日本の文筆家も言ってたことなので肝に銘じて、
気を付けつつ、社会変革のため邁進しましょう♪

サタニストなんか極悪非道になるように一族を、
代々訓練するシステムが完璧に出来上がってるし、
背後は悪魔だから極悪な物理生存力は強いよな。
悪魔霊団と直結する実効支配グループ。
対抗するには神様バックの「神のしもべ軍団」を増やすしかないよね。
―――――――――――――――――――――――――――――――
マイナーな時は5分に1度、「死にたい」とか「殺してくれ」とか無意識がほざく程、
極貧の私でも、イザもし「大金を生涯持ち続けれるようになったら?」→
性格悪くなって、「貧乏人はやり方が悪い」とか、「カルマがあるから」とか、
横柄な態度を取りそうな気がしてた。

ちょうどわかりやすい説明だったので有り難し・・・。
TEDの背後はなんなんだろう・・・?

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。