スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の臓器移植

今日、免許の更新に行ったら「免許証の裏に臓器移植の意思表示を。」
と言ってたから、ちょっとクレームをつけてきた。
「臓器提供しない」方にサインしてあったら、死後切り刻まれないという。

『じゃぁ事故で免許がなくなったり焼けてしまったりしたら、
本人の意思はわからないじゃん。「家族がいいと言ったら刻む」というのは
おかしいだろう。わからなければ刻まないのが本流のはずなのに、
どうしてそうやって国家ぐるみで極悪医療商売の片棒をかつぐのか!
(#゚Д゚)ノキェェィ!!』

【悪魔の発明】
本人の臓器提供意志がなくても、家族の意志で
臓器提供ができるよう法律が変更された。

ちなみに臓器提供システムを、私は「悪魔の発明」と呼んでいる。
臓器提供システムを考案し、臓器移植システムに加担する関係者は、
誰一人、例外なく悪魔である。

臓器移植では、病気はなおらない、無駄であると
いう認識が生まれないように、移植関係者は必死である。
臓器移植に対しては、情報をもっとオープンに、
成功例だけでなく失敗例も開示してほしい。

国民は、成功と失敗の率もわからぬまま、
まるで新興宗教のように、
これは霊験あらたかな治療法だと思い込まされている。
臓器移植がもうかるから、そうして情報操作を
イデオロギー作りを必死でする。政治屋と商人たちが。

臓器移植をしても、むなしく死んでしまった人たちの情報は
闇から闇へと葬られる。推定でもそうした人たちの数はけっこう多い。
臓器移植の明るいニュースだけが報じられる。

臓器は、「生きがいい」ほうがいいに決まっているから、
最終的には生きた人間から臓器を摘出することになるだろう。
臓器移植システムは、このままだと家族の同意があれば、
生きた人間から臓器を摘出できるところまでいきかねない。

s_00of.jpg
     (生きがいいのが価値が高い。)

交通事故で病院に搬送されても、脳死判定されて臓器移植に
回されてしまうと、助かる患者も助からない。患者を助けるよりは、
臓器移植のために体を切り刻んだほうが、儲かるのである。
悪魔たちの所業である。http://d.hatena.ne.jp/rento/20100812

中国では政府に楯突く思想犯は直ちに牢屋に入れられる。
チベット虐殺に見るごとく、逆らうもの、気に入らないものは徹底的に弾圧する。
そうして死刑囚の烙印を押されると、海外臓器移植希望者の為の「生きたドナー」
となり、患者の手術準備が整うと、臓器摘出のための死刑が執行されるという。
そのお金で軍や政府が潤うという。
http://www.youtube.com/watch?v=lJEKYv_saoU


冨士の樹海に入ってくる自殺志願者を死ぬ直前に拉致して眠らせ、
車に連れ込み、生きながら臓器摘出後、売買している
ヤクザ系ブローカー集団がいる、という噂まで流れている。
角膜から始まって内臓から売れるもの全部売ると
1体で1億円になるという。ありえない話ではないと思う。
海外では孤児が犠牲になっているという話も聞く。

〝脳死〟と判定され、臓器摘出が行われようとしていた時、
意識が戻り蘇生した青年もアメリカに現れた。
オクラホマ・シティのザック・ダンラップさんで、
その事実は08年3月23日のNBCニュースで報道された。
 
彼は脳死状態で死亡宣告する医師の言葉を覚えており、
「その時は、全く頭に来ました」と語っている。
「脳死患者に意識はない」という〝定説〟を覆すものだ。

dmrcvr脳死
    (脳死から復活し、釣りにいそしむ好青年。)

脳死でほとんど体が動かなくても痛覚は残ってるという話だ。
切り取られていく状況は認識してると・・・。恐ろしい話だ。
金のために、ついに隣人の人体まで切り売りする。
まさに地獄の3丁目だ。(T▽T)

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。