スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外旅行は慎もう。】

お金がない人間は旅行にはいけない。
ホームレスや、貧しい人は、日々の生活が命懸けだから
旅行にはいかない。ある程度恵まれた人が旅行に行ける。

自分の境遇というのは当たり前に感じてしまうから、
自分以下の暮らしをしている人の気持ちや行動を理解するのは難しい。
彼氏彼女、パートナーがいるというのも恵まれている裕福な人達だ。
自分が生きるだけの収入以上が確保できるから、
パートナーと連れ立って行動できる。
無論例外もあろうが、金もなく伴侶もいない人間からしたら、
やっかみの対象にしかならない。

極貧でも精神性をある程度大事にできる人なら、
そういう貧富の差も享受できるが、
肉食地域や、暑い地方や犯罪多発地域では、やらなきゃやられる、
「盗らなきゃ生きていけない心理」も常態化していると思う。
ハデなお金の使い方は慎むべきだと思う。

現代日本人の「いわゆる」通常生活は、
極貧国から見たら「昔日の王侯貴族の暮らしぶり」
だということを認識し直すべきかと思う。

悲しい事件に哀悼の意を捧げます・・・。

20130124.jpg

―――――――――――――――――――――――――――
2013年12月28日、南米エクアドルで新婚旅行中の夫婦が強盗目的で襲われた。
夫は3発の銃弾を浴びて死亡。腹や脚などを撃たれ重傷を負った妻は、
手術後、順調に回復。意識もはっきりしてきた現地時間3日、
入院先で警察などの事情聴取を6時間以上にわたって受けた。
夫の遺体は同3日、現地で荼毘(だび)に付された。
襲撃後、保護されるまで、血だらけの妻は夫の傍らで
何度も夫の名を叫んでいたという。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140107-1240617.html

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。