スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムー大陸と天孫降臨とシュメルとスメラ(皇)とユダヤと日本

先作「タオコード」がオリジナルでなく過去書の転載という悪噂もある千賀さんの本を
知人から借りて読んだ。面白かった。
読んだ限りでは、作家&チャネル能力は非常に高い人だと思う。
images菊華紋

日ユ同祖説は、もはや定着の感もあるが、
そのルートをたどると伝説の古代富士山裾野に広がっていたムー大陸陥没時に
ムー都市の一部でもあった「古代日本」にムーの一部の人々が移住して生き残り、
その深い叡智が世界中に散らばったという。

その大きな流れの一つにシュメール文明があり、そこから聖書の
古代ユダヤが生じ、さらにユダヤが離散してバラバラになり流浪、
アジア全土に拡散移住、混血同化しつつ、最後はアジア最果ての
日本に流れ着いたという。
imagesシュメル

日本のスメラギ(皇)はシュメールから来てるという話は聞いていたが、
ムー大陸からアジア全土を席巻して、また古巣の日本に戻ってくる
奇跡に感動である。(写真は菊華紋のあるシュメール遺跡・パキスタン)

我らが王仁様も
「天孫降臨とは古代の富士山地帯から各国に根源人種・
源日本人(霊感民族=モンゴロイド)が散っていったことを指す」
と言っている。

神の国古代ユダヤ国家が拝金で腐敗したときキリストさまが出現した。
「悔い改めよ。」

これって、日月神示や大本神諭の
「改心なされよ。」と同じじゃん!
51PxuwYwU7L._SL500_AA300_ちが

【ガイアの法則】


先日二人組のエホバの笑人が来たので、いろいろ聖書話と、偽ユダヤ人話と
めそん話で盛り上げた。

「エホバの承認ってめそん末端の噂高いけど?」

等、楽しい質問も連発。それでも聖書開いて解説してくれるので、
2人組みの彼女らが帰った後聖書のキリストさん出てくるとこ読んでたら
めっちゃいい事書いてあって感動。

聖書改ざんの噂もあるけど、日本の古神道的発想ととても近い感じがする。
images アキアネ イエス

泉パウロの「聖書・古事記・同根説」もあながち 的外れではない感じがした。

男性2枚の絵は有名な若い西洋の女性絵かきの霊夢で出会った
イエス・キリストだそうで。なかなか神々しく素敵である。
t02200280_0393050011907766416 アキアネ イエス 横

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。