スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい事。

1年前出版された、船井幸雄+中矢伸一対談本を、今頃友人から借りて読み始めた。なんとそこには私が出雲地方に20年前くるきっかけ(はめ)になった、我等がお師匠のお話しがかなり載っていた。皇道大本の出口王仁三郎の弟子だった人で、アセンションと言霊の関係性を強く認識、訴えていた人だ。

ほとんど正当な評価をされてきていなかった人だっただけに、私の喜びはひとしをである。日月神示解説で、著明な中矢氏にも大きな影響を与えた人であると思うのだが、中矢氏よりも船井氏の方が評価が高く、師の著述をバンバン引用していた。うーむ・・・。うれしい。世界の船井が、だぜ・・・。

この本の中で、日本人の発生する言語のせいで、日本人が世界に比類のない優しさ、おおらかさ、清潔好き等の特徴があるようになったようなことが書かれていてさらにうれしい。世界中の人が日本語を学んでも良い、くらいの勢いで書いてたからなお嬉しい。

夜中3時の生ゴミ集めのバイトから帰ってきたばかりで眠いのでこれで寝ます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。